<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
A+認定技術者(プ)
仕事の都合でComptia A+という資格試験を受けなければならなくなって、「あ~やだやだ」とか言いながらもwaka-yと一緒に受けました。

この資格は2つの試験に合格しないともらえません。ひとつは「Core Hardware」という名前の試験で、ハードウェアに関するものです。フロッピーディスクコントローラのIRQは6だ、とかUSB2.0の最大転送速度は480Mbpsだ、とか、細かい数値や込み入った名称をたくさん憶えなければなりません。今の時代、PnPなんだからIRQなんて勝手にうまく設定されるじゃないか、憶えて何が嬉しいんだ? みたいな悪態をつかずにはいられませんでした。

もうひとつの試験は「OS Technologies」という名前の試験で、DOS、Windows95、98、ME、NT4、2000、XPに関するものです。config.sysの書き方とか「format A: /S」とか、DOSの時代の知識は懐かしくてイヤな気分にはなりませんでしたが、「コントロールパネルのどのアプレットか?」みたいな問題にはうんざりしました。たとえば仮想メモリのサイズを大きくしたい場合、ユーザインタフェースの具体的な名称なんか知らなくても、コンパネのアプレットをあれこれ開いていればそのうち見つかるじゃないですか。「知らんでもできるんじゃ、ボケ」みたいな悪態をつかずにはいられませんでした。

さて、そんな2つのうんざり試験ですが、waka-yともども一発で合格することができました。1つの試験の受験料が約2万円なので、4万円もかかりました。4万円を払って得たものは、現時点では認定ロゴの使用権くらいでしょうか。このロゴは名刺に印刷することもできるそうです。しないけど。

c0024021_10294152.jpg


というわけでいまや私はA+認定技術者ですが、何が嬉しいのかわかりません。
[PR]
by yano-a | 2007-08-27 10:35 | その他
目指せオンプレーン
仕事が2本重なっていて大忙しなんだけど、今日は午前中にゴルフスクールに行ってきました。今日のテーマは、これまでの練習の成果を確認するためにビデオでチェックすること。後ろから撮影してスイングプレーンを確認してもらいました。

相変わらずインサイドに上げてアウトサイドから降りていました。以前ほど極端ではなかったし、先生も「まあ許容範囲だろう」とおっしゃっていたので、まずはひと安心。とはいえ、やっぱりもうちょっとオンプレーンに近づけたいと思わずにはいられない。

で、そのための練習方法。

ひとつは、右足の小指のあたりに、飛球線と並行になるようにクラブを置く。で、クラブを腰のあたりまで上げたところでシャフトの位置を確認。地面に置いたクラブと手で持ったクラブのシャフトが同じ位置にあれば合格。

実はこの練習方法は以前にも教えてもらったことがって、しばらくやってみたのだけど、どうも感じがつかみづらい。あまり好きになれない、とも言えるかも。自分の場合は意図的に外に上げる感じにならざるをえなくて、そうやっていると腕と体の一体感がだんだん失われていくような気がするんですよねぇ。どうもイマイチ。

そこでもうひとつの練習方法、というか、イメージの持ち方。それは、アドレスで作った両腕とシャフトによって形成されるYの字型を崩さないようにバックスイングするというもの。これはなんとなくイメージしやすくて、やりやすいみたいです。うまくいくといい球が出てました。しばらくこれで練習してみようかと思います。

そうそう、ここのところテーマにしていた「前傾角度を崩さない」はだいぶ身についてきたみたいです。というわけで、これからは「Yの字固定」でやってみます。
[PR]
by yano-a | 2007-08-07 18:42 | ゴルフ



ゴルフ、釣り、猫
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
便利リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧