こだま神川カントリークラブ/122
練習場でうまく打てても本番で打てなかったらなんともならんのだ、練習場慣れはもういいからコースに慣れようじゃないか、と近ごろ言っているとともにラウンド。こだま神川カントリークラブというところへ行ってみました。お一人様7000円と格安なのに、立派なクラブハウスがあったりしてびっくりしました。そういうゴージャスな演出をされると、場違いなところに来ちゃったか? と気分的に萎縮する我々ですが、とりあえずラウンド開始。早く到着しすぎたおかげで、たぶん我々が最初の組。地面は凍っているものの、前にも後ろにも人が見えなくて気分がいい。

1番ホールなんかは、二人とも気分よくドライバーショットとセカンドショットとアプローチショットを決めて揃ってボギー。なんて幸先のいいスタートだろう。

しかし続く2番(173ヤード、パー3)では、グリーン周辺に張り巡らされているバンカーに四苦八苦。バンカーがこんなにたくさんあるコースに来たのは初めてなので、バンカーだらけの景色を見ただけでスウェイしそうだ。

3番、4番は適当にやってダブルボギー。続く5番は谷越えのショート。8番アイアンをヒョイと振るだけでグリーン周辺に届きそうなものなのに、谷があるというだけで体が強張りトップするふがいなさ。このへんから後続の組の気配が感じられはじめ、気分は焦る一方。前回絶好調だったドライバーもチョロったりテンプラしたりで、自分がどうやって振っていたのか見当もつかなくなってしまい、バタバタとアウトの9ホールを終了。

昼食は石焼ビビンバ。お勧め。

さて、気を取り直してインコースへ。前の組がティーイングラウンドでまだ準備をしている最中だったのでカートを進めずにのんびりしていたら、後ろの組のおじさんが「前に詰めちゃってよ」とかなんとか。この瞬間、「このオヤジはせっかちだ」イメージが脳内を完全に支配した。前の組(二人)はプレーが遅いわけではなく、むしろ早かったのだけど、その人たちよりさらに前の二人はなんだかノンビリペースで、じれったい進行。我々としては待たされたってなんとも思わないのだけど、後ろの組を待たせるのは気が引ける。しかし我々の努力だけでは進行を早めることはできないわけで、終始、このじれったい気分から脱却することはできなかった。

そんなわけで、こりゃインはなんともならんと思いつつやっていたのだけど、それでもアウトより少しマシなスコアになっていました。ずいぶんと気が急いていたのだけど、なんでかなぁ、ドライバーのスイングを取り戻したからかなぁ。

まあしかし、ドライバーだけでスコアがまとまるわけでもなく、これまでどおりのスコアに戻ってしまいました。100を切るのも間近か、なんて思わないでもなかったのだけど、平坦で距離の短いコースを選ばないと無理ですな。

SCORE:122(64+58)/PUT:43

ちなみに妻のスコアは141(70+71)。得意のフェアウェイウッドが今日はダフりがちで苦しんだ模様。後ろの組が見ている前でドライバーを打つのも、かなり苦手だということが判明。「うまくなったと思ったのは気のせいだったのか?」と帰りの車中では少々落ち込んでいましたが、猫ズを見たら元気を取り戻したようです。




レギュラーティーからの距離の合計は6275ヤードもあって、これだと、ドライバーがまともに飛んだとしても、セカンドが150ヤード残ってたりするわけで、そうすると、バンカーに落ちたり他所に飛んだりして、スコアは散々。

バンカーが多いのもボクには厳しい。入れないようにコントロールできればいいんだろうけど、吸い込まれるように入る入る。そんでもって出なかったり出すぎたり。ダフるのは得意なのに、そんなときに限ってクリーンヒットしたりするんだもの。手前のバンカーから奥のバンカーまで一直線。もっとも、ダフリすぎて同じバンカーにもう一度落ちたりもするのだけど。

足場の傾斜にも翻弄されてたのかも。傾斜と打球の関係がちっとも把握できていない模様。

池とか谷のプレッシャーにも滅法弱い。そういういやらしい存在のことを忘れようと努力してみるものの、その努力こそが、池や谷への印象を強めていたりするのかも。禅でもやらねばなるまいよ。

立派なクラブハウスや、ハイアットリージェンシーみたいなフロントのお兄ちゃんもなんだか苦手だ。パチンコの景品交換所のバアちゃんとかだったらどんなに気が楽か。クラブハウスもプレハブとかでいいんだけどなぁ。「そういうところに行かなきゃいいじゃん」ていう話しですな。

そんなわけで、ゴルフは好きだけどゴルフ場が苦手なボクですが、こだま神川カントリークラブはたぶん素敵なコースなんだと思います。接客態度はいいし、石焼ビビンバはおいしいし、コースコンディションも相当いいような気がします。けっこう芝がフワフワしてました。コースレイアウトも、腕のある人には楽しめるのではないかと。今のボクには難しすぎだけど、いつかここで楽しくプレーできるようになりたいです。今日は、楽しい気分よりも、プレッシャーをより多く感じていたような気がする。
[PR]
by yano-a | 2005-02-28 17:40 | ゴルフ
<< さいたま梨花カントリークラブ/119 上里ゴルフ場 >>



ゴルフ、釣り、猫
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
便利リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧