鳩山のショートコース
と一緒にゴルフプラザ鳩山へ。

お昼前に到着。とりあえずレンジで練習。アプローチの練習をそれぞれ100球。昨日見た坂田さんのDVDにラフからのアプローチのくだりがあって、「左腕を振り子にして右腕は添えるだけ」打法を紹介していた。「なるほどそうか」と思った私はその要領でアプローチの練習をしてみる。するとなかなか感じがいい。しっかり振っても振り幅に応じた距離しか飛ばないのと、あまりダフらないのがいい。早く山彦さんに見せたいものだ。

体もいくらか温まったところでコースへ。おいらはこのコースに挑戦するのは3回目。妻は今回が初めてで、ショートコースデビュー。さてどうなることか。

1ラウンド目。
SCORE:40/PUT:19

これまでのベストスコアは42だったので、わずかに記録更新。これまでの3回よりもずいぶんとうまくやれたような気がしていたのだけど、スコアはたいして変わらなかった。ただ、9打みたいなとんでもないのがなかったので、それでよかったように感じたのだろう。ちなみに妻のスコアは50。せっかく1オンしたのにパットを5回打ってみたりで一苦労だったが、とても楽しそう。

休憩もせずに続けて2ラウンド目。妻はもう元気いっぱいだ。
SCORE:32/PUT:13

なんと、5オーバーという好スコア。大叩きしなかったのと、パットが好調だったのがこの結果の要因か? パットに関しては、グリップを強めに握って芯で打つ、を心がけたらよくなったような。2ホール目はカラーから第4打をパターで打ったのだけど、ピンに当たって入ってしまった。この1打をパットにカウントするなら3オン1パットなんだけど、どうなんでしょう? カラーからだと、パターを使ったアプローチと見なすんだったような気がするのだけど。そして3ホール目は憧れのバーディー。たった35ヤードのホールでもバーディーというのは嬉しいものですね。ちょっと感動しました。

このショートコースをボギーペース、つまり36で回るというのが当面の目標だったのだけど、期せずしてクリアできてしまいました。次の目標は27かな。これは格段に難しそうだ。

ちなみに妻のスコアは45。もうボクとたいして変わりませんな。

妻はそのまま3ラウンド目に突入する勢いだったがそれは制して、ここでちょっと休憩。受付の横のカウンター席でボクはコーヒーを、妻は紅茶を。ともに100円。

そして3ラウンド目。
SCORE:42/PUT:16

アプローチとパットはまずまずだったが、ティーショットがどうにも。前のラウンドで満足したから集中力を欠いたかな? というか、だいたいこのへんが実力でしょう。ちなみに妻のスコアは49。いい勝負でした。



このあとレンジに戻って200球ほど。アイアンは目標方向にそれなりに飛んでいくようになってきたのだけど、ドライバーがことごとく右に飛び出し、おまけに右に大きく曲がっていく、というのがここ数日の最大の悩みで、これを修正すべく練習。しかし打っても打ってもラチがあかない。

とりあえず、ビデオに撮ってもらった。家に帰ってコマ送りで確認すると、体が開いた状態でインパクトの瞬間を迎えていることが発覚。そりゃ右に飛んでいくわな、と自分のスイングを見て思う。が、それがわかったところでどうしたもんだか。打っていくうちにタイミングなり体の使い方なりが会得できるといいのだけど。それ以外に効果的な修正方法が何かあるんだろうか。というあたりをこれから調べてみようかしら。

ちなみに、アイアンで打つ場合も体は開いている。後ろにねじった上半身が戻ってくる前に打っている。それでも前に飛んだりするのはロフトの問題? あるいは、知らぬ間になにかしら小細工をしているのだろうか。とにかく、素敵なスイングにはほど遠い。なんとかしたいものです。
[PR]
by yano-a | 2004-10-14 00:00 | ゴルフ
<< ドライバー購入 かんなゴルフ倶楽部/142 >>



ゴルフ、釣り、猫
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
便利リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧