すっぽ抜け
6番アイアンで打ってたんですがね、スポっとヘッドが抜けて飛んでいってしまいました。シャフトは折れても曲がってもいなかったので、ヘッドさえ見つかれば修復可能かとは思われますが、見つかるかどうかは分からない。練習場の人に「探しておいてください」とお願いして、帰ってきました。

しかし、すっぽ抜けるとは恐ろしい。今回はたまたま飛球線方向に飛んでいったと思うのだけど、へんなところでバウンドして自分や隣近所の人に当たってしまう可能性だってあるわけで、そしたら死んでしまうかも。そういう事故って皆無ではないような。どうなんだろう。

ヘッドのないシャフトをギアドックのお兄ちゃんに見てもらったときに尋ねてみたら、ヘッドが抜けるというのはそんなに珍しい事態ではないんだそうな。練習場も、意外とおっかないな。

さて、それはともかく、ヘッドが見つからなかったらどうしましょう? 番手ごとにきっちり打ち分けられるわけじゃないので、別に6番アイアンがなくたってスコアにはほとんど影響しないと思うけど、せっかくの連番なのに途中が抜けてるというのは気分が悪いですからねぇ。とりあえず、見つかることを祈る。
[PR]
by yano-a | 2005-05-20 17:45 | ゴルフ
<< 鷲の峯カントリークラブ 983K >>



ゴルフ、釣り、猫
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
便利リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧